Green and Life BLOG

インテリア性の高いおすすめ観葉植物 ベンジャミンバロック

おすすめ観葉植物

1年半前に引っ越し祝いに頂いたベンジャミンバロック。クルっとした葉っぱがとても可愛い子です。挿木で簡単に増やすこともできます。そして、家のどこに置いてもマッチしてくれるインテリア性の高いおしゃれな観葉植物です。

今日は、我が家にあるベンジャミンバロックを紹介したいと思います。

ベンジャミンバロックとは

植物名フィカス・ベンジャミン・バロック
科名クワ科
属名フィカス属
原産地東南アジア、インド
置き場所1年を通して、明るく日当たりの良い室内で管理する。耐寒温度は約10℃
水やり乾燥に弱い植物であるため、土の表面が乾きそうになったら、鉢底から水が流れ出る位たっぷりと与える

置き場所のポイント

  1. 明るい場所に置く
  2. コロコロと置き場所を変えない

明るい場所に置く

基本的に明るい場所を好むので、窓辺などの日光が当たる場所が良いでしょう。

コロコロと置き場所を変えない

ベンジャミンバロックは、置き場所を変えて環境が変わると、葉を落としてしまう事があります。またその環境に慣れれば落葉はピッタと止ります。

「私が1年半育ててみたベンジャミンバロックの育て方のポイント」についてはまた別の記事にまとめますので、是非チェックしてください。

我が家の置き場所

我が家には、引っ越し祝いで頂いた大きめの子と、春から挿木で増やした小さい子達がいくつかいます。

その子たちはリビングキッチン和室のそれぞれに置いています。

リビング

一番大きめの子はリビングに置いています。結構な大きさになっても一つ一つの葉が小さいので圧迫感が出ません。この可愛い葉がを付けたフォルムがナチュラルインテリアにもマッチしてくれます。

キッチン

挿木で増やした小さめの子の一つは、キッチンに置いています。

和室

もう一つの小さめの子は、和室に置いています。シンプルな白い鉢にして、和室にもマッチします。

全ての葉がクルッとカールしている姿がとても可愛らしいベンジャミンバロック。葉の色は基本的には緑ですが、新芽はライトグリーンで、色の濃淡がまたとても良いです。和の雰囲気にも合ってくれます。どんなインテリアのもマッチしてくれておしゃれな空間をにしてくれること間違いなしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました