Green and Life BLOG

ベンジャミンバロックの育て方。葉が落ちる原因は?

植物の育て方

ネットでは、よく「ベンジャミンバロックは初心者でも育てやすい観葉植物」と記述されている事がありますが、私的には、「まあまあ難しい観葉植物」に分類されるのではないかなぁと思います。でも、自分のベンジャミンバロックの性質を知り、環境させ合えばその後は簡単なのかもしれません。

私も1年半育てて、我が家のベンジャミンバロックの事がだいぶ分かってきた気がします。

今回は、我が家で起こったトラブルや、育て方などについて記録したいと思います。もし同じようなトラブルで困っている人がいたら、少しでもヒントになればと思います。

我が家で起こったトラブル

冬の間に下葉が落ちる

夏に引っ越し祝いで頂いた時は、上の写真のように下葉もたくさん生えていたベンジャミンバロック。

その後、秋まで特にトラブルなく順調に育ち、冬を迎えました。ベンジャミンバロックは寒いのが苦手なので、室内の日が当たる窓際で育てていました。

そして、迎えた2月、急に下葉がポロポロと落ち始めてしまいました。日光不足かと思い、室内で一番明るいところに置いてみても落葉が止まりません。色々と調べて原因が分かりました。

我が家の冬に下葉が落ちる原因は、「水不足」でした!

下葉が落ちる原因は、冬の水不足!

我が家のベンジャミンバロックを植え付けていた土はあまり水はけが良いものではなく、常に湿った感じになっていたので、水は足りていると勝手思って水やりをとても控え目にやっていました。。。むしろ冬にあまりやらない方が良いと思っていました。

ですが、我が家のベンジャミンバロックは水がとても好きで、全然足りていなかったようなのです。

新芽が落ちる原因については結構ネットで探しても書いている記事が多いのですが、下葉が落ちる原因について書いている記事は全然なかったのですが、色々と探してしてやっと「水不足で下葉が落ちる」という記事を見つけて「これが原因だ!!」と確信しました!

原因に気がついた時はもう手遅れで、一度下葉が落ち出すと、そのまま止まることなく、結局新芽が出てくる3月末くらいまで抜け続けてしまいました。毎日、抜ける葉を見て落ち込んでいました。

でも、春になりどんどん新芽を出してくれました!やっぱり下葉は以前のようには生えていませんが、それでもだいぶ生えてくれました!それぞれの子で性質が異なると思うのですが、我が家のベンジャミンバロックは水が大好きなようで真夏は毎日たっぷり水をあげています。

今年の冬は定期的に水やりをして下葉が落ちないように頑張ります!また、その結果もブログに書きます。

新芽がポロポロ落ちる

春になり、やっと新芽が出てきて喜んでいたのも束の間、、新芽がポロポロと抜け落ちてしまってショックを受けた事がある人は多いではないかと思います。私もその一人です。

新芽が落ちる原因として考えられることは、

  1. 水不足
  2. 日光不足
  3. 環境の変化

以上の3つだと思います。私が育ててみて「環境の変化」による落葉が一番多く起きる原因だと感じました。

新芽が落ちる一番の原因は、環境の変化!

ベンジャミンバロックは、環境変化にとても敏感で新しい環境に慣れるまで葉を落としてしまうという性質があります。

我が家の子も置き場所を変えると必ず、新芽が落ちます。それをグッと我慢してそのままにしておきと、ある日ピッタリ落葉が止まります。それに気が付くまで、落葉してしまうと「日光が足りないのかな?」とか思ってまた違う場所に変えてしまい、環境の変化が起こり、また落葉していまう。。。という悪循環が起こってしまいます。

私もこれに気付くまで、新芽が落ちる度に置き場所を変えたりしていましたが、今は多少新芽が落ちても「絶対に落ちなくなるから!」とあまり気にしていません。そして置き場所が決まったらよっぽどの事がない限り移動させないようにして育てています。

もし、日光も水やりもしっかりやっているのに、新芽がポロポロ落ちて困っている人がいてら、グッと堪えて待って見てください。その場所に慣れてくれれば必ず落葉は止まるはずです!

我が家の季節ごとの育て方

春〜秋の育て方(5月中旬〜10月中旬)

●置き場所

最適気温が15度を上回り出した頃から、我が家では外の直射日光が当たらない場所に置いて育てます。

グングン成長させたい場合は外で管理することをおすすめします。やっぱりクーラーの効いた室内より気温が高い外の方が成長が早いです。

●水やり

基本的に毎日たっぷりあげます。葉水は3日に1回くらいしています。

●剪定

バッサリ切ってもグングン伸びるので、好きなように剪定してOKです。

冬の育て方

●置き場所

寒いのは苦手なベンジャミンバロックなので、室内の明るい窓辺に置いています。

●水やり

水が乾いていなくても、最低でも1週間に1回のペースでやります。葉水も同じペースでやります。

●剪定

冬に間は成長が止まるので、剪定はしません。

以上の説明は、我が家のベンジャミンバロックの場合なので、それぞれで子で性質は異なるかと思います。ですが、少しでも参考にしていただければ嬉しいです。少し繊細で手間がかかる子ですが、その分可愛くで仕方ないです。これからも大切に育てていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました